葉酸が妊婦の冷え性を防いで血行を良くします

妊娠中のカラダの冷えやストレスは、早産や難産や悪阻などの大きな原因となってしまうことがあります。

 

カラダの冷えやストレスは妊娠する以前に、不妊の原因にもなってしまうものなのです。

 

とくに妊娠中に気をつけなければならないのがカラダの冷えです。

 

カラダが冷えてしまうということは、血流が悪くなってしまったり血流が悪くなってしまうことによって、子宮の機能や生殖器の機能が低下してしまいます。

 

さらには早産をしてしまったり難産になってしまったり、悪阻がひどくなってしまう可能性がとても高いんです。

 

葉酸という栄養素は、とくに妊婦に必要な栄養素であるとして多くの産婦人科医や厚生労働省からも積極的に摂取するようにと推薦されています。

 

葉酸は、造血にとっても必要な栄養素ですから正常な血液から血流を作り出すことや血流を良くするなどの働きがあり貧血を予防したり、冷え性を予防するなどに対してとても効果を発揮してくれる栄養素なんです。

 

冷え性の予防方法はたくさんありますよね。

 

足が冷えてしまうという場合には靴下を履いたり、靴下の下用のホカイロなどのアイテムもあります。

 

しかし、根本的な冷え性の原因をまずは解決しなければ意味がありません。

 

冷え性を根本的に解決するためにも葉酸を積極的に摂取する必要があるのです。

妊娠中のストレスを軽減して母体の健康を維持します

ママのストレスは赤ちゃんにも影響してしまいます。

 

妊娠中のママがストレスを感じていると、赤ちゃんがアレルギーや喘息を発症してしまう確立が高くなると言われているんです。

 

妊娠中のストレスは、体調を悪くしてしまう原因にもなってしまいますから血液の循環が悪くなってしまったり、栄養が上手く循環せず赤ちゃんが栄養不足になってしまったりもします。

 

とくに妊娠初期のころには、ストレスが原因で悪阻が悪化してしまったりホルモンが乱れてしまったりもするので精神的にも不安定になりやすくなります。

 

このようなことからストレスは流産の確立を高めてしまうとも言われているんです。

 

対策方法は、ストレスを溜めない、なるべく感じないよにするということなのですが、全くストレスを感じることなく生活することは難しいことですよね。

 

リラックスできる環境を作ったり、家事も無理をしないこと、ストレッチや軽い運動でカラダを動かすことなど、妊婦でも簡単にカラダに負担をかけることなくできるストレス発散方法を取り入れてみてください。

 

女性ならショッピングもストレス発散になりますし、良い運動にもなりますよね。

関連ページ

妊娠中の貧血を防止
妊娠中によく起きる症状の1つとして貧血があげられます。でも実は葉酸が不足しているために起こる現象であるという事が判明しています!
男性も葉酸を取るべき理由
妊活中は妻だけではなく夫も同時に葉酸の摂取が望ましいとされている理由について解説します!