葉酸が必要なのは女性だけではありません

妊活というと女性ばかりが力を入れていませんか?

 

妊娠を望む女性にとって葉酸がとても必要な栄養素であるということから葉酸のサプリメントを服用する女性がとても増えているようなのですが、男性の方はどうでしょうか。

 

妊活のために必要な葉酸の量を比べるとするならば女性の方がたくさん必要ではあるのですが、男性にもぜひ積極的に摂取して欲しい栄養素なんです。

 

なかなか妊娠できない、不妊症なのではないか、と悩んでしまうのは女性の方が圧倒的に多いと思われていますが、実は不妊の3割りほどは男性の不妊症が原因であるということがわかっています。

 

妊活中はぜひ女性にも男性にも葉酸を積極的に摂取して欲しいです。

男性の葉酸不足が奇形の原因の1つになっています

赤ちゃんの先天性の奇形というものをご存知でしょうか?

 

脳や脊椎や染色体やカラダのいろいろな部分に奇形を持って胎児が形成されてしまったり生まれてきてしまうことを言います。

 

無脳症といって、脳がない状態で生まれてきてしまう新生児は死産してしまうことがほとんどですし、それ以前に流産してしまうこともあります。

 

腕や脚に異常を持って生まれてきてしまう子、ダウン症を患って生まれてきてしまう子、先天性の異常を持って生まれてきてしまう子は決して少なくはありません。

 

このような先天性の奇形を持って生まれてきてしまう理由は、父親や母親の葉酸の不足が原因だとされています。

 

奇形は、精子や卵子の分裂がどのように行なわれたかによって決まるものなのですがしっかりとスムーズに分裂が行なわれなかったことによって起きてしまいます。

 

そして染色体に異常が発生した状態で精子と卵子が受精してしまった場合、奇形の原因となってしまうのです。

葉酸と精子の分裂の密接な関係

葉酸を摂取している男性と摂取していない男性とでは、染色体に異常が発生してしまう確率に大きな違いがあると言われています。

 

葉酸の働きは、精子の分裂にも大きく関わっているからなんです。

 

男性が葉酸を積極的に摂取していることで精子の分裂がしっかりとスムーズに行なわれ、染色体の異常が発生するリスクを予防することができます。

 

そうすることで先天性の異常などが無く、健康で元気な赤ちゃんが生まれることを望むことができます。

 

こどもを望む男性にも女性にも葉酸の摂取が必要不可欠であるとされ、多くの産婦人科医や厚生労働省からも推薦されています。

 

2002年からは葉酸の必要性について母子手帳にも記載されるようになりました。

 

これから妊活を行なおうと考えている方、妊活中の方はぜひ葉酸を積極的に摂取しましょう。

 

夫婦で一緒に葉酸を摂取していけば赤ちゃんを授かった際に健康的な状態で育っていきますよ!

関連ページ

妊娠中に葉酸が必要な理由
妊娠中に葉酸が必要だと言われていますが、ちゃんと2つの理由があるんです。その2つについて解説します。
妊娠中の貧血を防止
妊娠中によく起きる症状の1つとして貧血があげられます。でも実は葉酸が不足しているために起こる現象であるという事が判明しています!