葉酸不足で起きるのは貧血だけではありません

妊娠初期のころに貧血になりやすい女性がとても多いのです。

 

実はその原因として考えられるのは葉酸が不足してしまっているからと言われています。

 

葉酸は普段の規則正しい食生活から十分に摂取することができているのですが妊娠中には普段の2倍ほどの葉酸を必要とするため、自然と葉酸が不足してしまうんです。

 

妊娠中には葉酸をしっかりと補ってあげることと、1日に必要な葉酸の摂取量をしっかりと摂取するということが必要です。

 

妊娠初期のころには、胎児の脳や脊椎などの形成や成長のためにたくさんの栄養素が必要となり、たくさんの葉酸が消費されてしまいます。

 

胎児に必要な葉酸がたくさん消費されることによって、妊婦の体内にある葉酸が減ってしまい貧血が引き起こされてしまうのです。

 

胎児にも母体にも必要不可欠な栄養素なので、不足してしまわないようにしっかりと補ってあげるようにしましょう。

 

そして葉酸の不足は妊婦の貧血を引き起こすだけではありません。特にこれから生まれてくる赤ちゃんに影響する部分でもあります。

 

もしも、妊娠初期のころに行なわれる胎児の脳や脊椎の形成に必要な葉酸が不足してしまったとしたらどうでしょう?

 

胎児の脳や脊椎に必要な栄養素が不足してしまうということは、脳や脊椎が十分に形成や成長をすることができなくなってしまうということです。

 

必要な栄養が不足してしまったことによって先天性の疾患を持った新生児が生まれてきてしまうなどのリスクがあるとされています。

 

脳の形成や成長が十分に行なわれなかったことによって、胎児が無脳症を患い、流産してうケースも多いですし、死産してしまうことも多くあります。

 

母親や父親の葉酸が不足してしまっていたことによって染色体に異常が発生し、ダウン症などの先天性異常を発症してしまう新生児もいます。

 

葉酸は、妊娠を望んだときから積極的に摂取して欲しい栄養素ですし、女性だけではなく男性にも摂取して欲しいのです。

葉酸はママにも赤ちゃんにも必要な栄養素なんです!

産後のデリケートなママのカラダをサポートしてくれるのが葉酸です。

 

葉酸はビタミンの一種である栄養素なのですが、良い母乳を作り出すためにも必要な栄養素です。

 

産後の子宮の回復にも葉酸は効果的ですし、赤ちゃんの成長や発育に必要な母乳を作り出してくれます。

 

また、赤ちゃんのカラダや脳や心がしっかりと成長するためにも葉酸は必要不可欠な栄養素でもあるのです。

 

まだ葉酸を自ら摂取することのできない赤ちゃんのために、ママがしっかりと葉酸を摂取し良い母乳を与えてあげることが大切なんです。

 

葉酸は妊活中から積極的に摂取するのが望ましいのですが、プレママだけではなく父親にも摂取する事が理想です。

 

それは精子を作る際にも葉酸が影響しているからなのです。両親がしっかり栄養素を蓄えて妊活を開始すると元気な赤ちゃんを指授かる事が出来ますよ!

関連ページ

妊娠中に葉酸が必要な理由
妊娠中に葉酸が必要だと言われていますが、ちゃんと2つの理由があるんです。その2つについて解説します。
男性も葉酸を取るべき理由
妊活中は妻だけではなく夫も同時に葉酸の摂取が望ましいとされている理由について解説します!